I am a social scientist with research interests in applied linguistics, educational psychology, social psychology, sociology, communication, and individual differences. I use quantitative research methods to explain differences in attitudes, behaviors, and academic performance outcomes. The objective of my research is to explain social processes, interactions, and outcomes through statistical modeling techniques. The primary data analysis methods used in this lab include multiple regression, path analysis, and structural equation modeling, in addition to other linear and latent variable methods. We provide a comprehensive background in these techniques and encourage students to develop an in-depth awareness of the use of statistical analysis and modeling techniques in interdisciplinary research.

 

 
ダミアン・リヴァーズ研究室へようこそ。私は応用言語学、教育心理学、社会心理学、社会学、コミュニケーション、そして個人差に関する研究に興味を持つ社会科学者です。態度、行動、学業成績の違いを説明するために、数量的研究手法を使用しています。私の研究の目的は、統計モデリング技術を用いて、社会的なプロセスや相互作用、そしてそれらの帰結について明らかにしていくことです。この目的のために、当研究室では、多重回帰分析、パス解析、構造方程式モデリング
等のデータ分析手法を中心に、その他の線形および潜在変数手法も活用しながら、研究に取り組んでいます。当研究室においては、学生は、これらの研究手法に関する網羅的な背景知識を身につけ、また、統計分析やモデリング技術を活用した学際的研究についても理解を深めていくことができるように、研究指導が行われます。そして学生は、データの収集・分析・処理のためのトレーニングを受けられるだけでなく、研究成果についての学会発表を行い、学術誌に論文を掲載する上で必要な指導も受けることができます。